「アメトークの西野さん」のいじり方を予想する

仕事帰りの電車の中でこの記事を書いている。

21:28。

今日の23:30からアメトークで、キングコングの西野さんの特集会をやる。

ここで私が気になるのは、周囲が彼をどういじるかだ。

いじりの主は東野幸治が担当するだろう。

西野さんは近年はお笑いというよりも絵本作家やクリエイターとして仕事をしている。

ディズニーを超える、というバカみたいなことを言っている一方で、クラウドファンディングで日本記録になるほどお金を集めたり、絵本の絵自体も非常に繊細でユニークで話題になり一定の結果も残している。

が故に私が気になっているのは、彼を周りがどういじるかなのだ。

私は2つのパターンを予想している。

1.夢見たいなことを言っている西野さんを尊敬しているフリをして、バカにするいじりパターン

これは、西野さんの偉業をほめつつ、大枠はバカにするストーリーである。

「絵本はすごい」

「けどディズニー超えるってなんだよ、クスクス」

「前髪ウザいな」

「自分大好きだな」

こうなるとは考えにくい。

一定の努力をしている人間にこの態度をとってしまうと、視聴者から僻んでいる、程度の低い人間に見られてしまう。

あまりいい空気にはならない。

東野幸治がそこをチョイスするとは思えない。

すると2つ目のパターンだ。

2.西野さん嫌いだったけど、実はすごいんです、ただここはムカつきます、いじりパターン

最近の品川いじりに似ているパターンである。

品川さん嫌いだったけど、最近丸くなってつまらない、でも好きなわけではない、みたいなコミュニケーションの取り方である。

一般の視聴者は、あまりTwitterを覗いていない。

西野さんのクラウドファンディングの絵本の情報や渋谷のゴーストバスターの情報がない。

それを、紹介するだけでも番組が一定成り立つことを利用している。

ただ賞賛するだけではつまらない。

東野幸治が賞賛ペースでリードする。

鈴木拓らがここはムカつきますという点を挙げる。

そこを東野幸治が絶妙に拾って笑いにする。

さぁ、最寄駅に着いた。

考察はここまでにしておこう。

実際の番組も見て予想の正誤も判定してみよう。

正直この予想の通りだと、私としてはつまらない。

より面白い番組を期待したい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする